​ジョーティシュとは

ジョーティシュとはインドに伝わる占星術で、聖者(もしくは神)が、下々の為に降ろした知識であるとされています。

5000年以上前から伝承されています。

天体の影響から一人ひとりの特性や運命、将来の傾向を読み解き、個人や組織の性格や性質を解明し将来を予測します。

 

ジョーティシュ占星術では、人は生まれ変わりをしている事を前提としています。

人は生まれる前に、今生、どのような経験をしたいかを設定して生まれてきます。過去世で行った様々な事がカルマとして返ってくるのですが、いつどのような形で返ってくるのかを設定して生まれてきているのです。それをチャートから読み解くのがジョーティシュです。

例えば過去世で徹底的に学んだ事は、得意な事としてチャートに表れます。自分がどんな事に向いているのかがわかります。

 

一方、過去で行った悪い事は、悪いカルマとして、かえってきます。カルマがかえってくる時期や内容を知ることで、客観的に自分の事をみて、それらが発現するような行動を控えることができます。また心の準備ができ、起こるカルマに対しても、受け入れやすくなります。また大難を小難に、小難を無難に対処する対処方法があります。

そして、幸福を拡大していくために、最も重要な設定、それがダルマ(天命)です。人生において、壁にぶつかったり、何をして良いかわからなくなったりした時、ダルマ(天命)に沿って生きることが、幸福になる近道となります。